基礎化粧品の一つである美容液ですが、値段は結構高いですよね。せっかく高いお金を出して購入するわけですからちゃんとした使い方をしないと損することになります。実際にはスキンケア用品として絶対に必要なものだというわけではないのですが、上手に使うと目の周りなどには特に高い効果を発揮してくれるものです。

これはなぜかというと、一般的な基礎化粧品というのは油分を主に使用して肌の保湿を行なっているのですが、それに対して美容液の場合には油分を使わずに肌の保湿を行うことが可能だということ。美容液は塗った後には肌がべたつくことなくしっとり感を維持することができるんですよね。

化粧水と乳液を普段からちゃんと使っているという女性は多いと思いますけど、美容液と化粧水・乳液の違いについて知っていますか?まず化粧水ですが、主にお風呂あがりや洗顔後に失われた角質の水分を補給してくれます。乳液は化粧水によって肌に補給した水分が蒸発してしまうのを防ぐ役割を果たしてくれます。比較的油分を含んでいて、それによって水分が失われるのを防ぐことができるんですね。

だからこそ化粧水と乳液を使う際には化粧水→乳液、という順番で行うのが当たり前になっています。もしも間違って乳液の後に化粧水を使っている人は、この機会にこっそり順番を直しましょう。友達と旅行に行ったり会社とかでの温泉旅行なんかで間違って使っているのを見られたら恥ずかしいですからね!しかも、化粧水と乳液を使う順番は正しく知っていてもどうしてその順番なのかを正確に説明できる人は意外と少ないですから。「あ、あの人乳液と化粧水つける順番間違ってる」と思ったとしても、なぜそうなのかを説明できないので意外と注意してくれなかったりします。
では、美容液はどのタイミングで使えばいいのでしょうか?それはですね、美容液の働きを冷静に考えて見れば意外と簡単にわかります。美容液の働きとしては、保湿成分を贅沢に配合している、というものがメインになりますので・・・そう、化粧水と乳液の間に使うのが正しいわけです。つまり、化粧水→美容液→乳液という順番になりますね。美容液は高価ですが、絶対に保湿成分が落ちていかないというわけにもいかないので、その後には必ず乳液を使用する必要があります。

美容液を買ってしまうとお金が足りなくなるので、化粧水と乳液を省いて美容液だけにしようとする人も中にはいます。しかし、ここまで述べたとおりに実際には化粧水と乳液を使うのも必須。基礎化粧品としての化粧水と乳液は非常に肌にとって大事な役割を果たしているので、予算が足りないからといって美容液一つだけで済まそうとするのは間違いです。むしろ、お金がなくてどうしようか迷っているというのであれば、化粧水と乳液だけで肌ケアや肌の保湿を行なったほうがスキンケアとしては懸命なんじゃないでしょうか。

Copyright(C)美容液の研究しちゃいます!